2017年07月08日

にっき

生存報告用のブログのはずがまあほったからかし。
むかーしはほぼ毎日PCを立ち上げ、こまめに日記を書いていたような記憶があります。
トシくうと色々おっくうになっていけませんな。

夏コミ受かりました。
てなわけで今、絶賛原稿中であります。
まあ、ぐだぐだ気味ではあるんですが。
刀剣乱舞を相変わらずちまちまやってるんですが、タオル出たりしまむらでTシャツ出たりしてますね。
ポケモンもTシャツ出てたけど、男性用だったなぁ…。
モンハンXのも出てたね。しまむら。思わず衝動買いしちゃいましたよ…。
昨今は、しまむらだけでなく、ユニクロもキャラTシャツ出すなどオタク界隈は金を出すというだけでなく、
そういうのに民衆が抵抗少なくなったんじゃないですかね。
スタイリッシュにすれば無問題なのもあったりとかね。

で、最近の女性向けTシャツって小さく作ってるので袖も短めだったりとあまり好きくない感じです。
かくいう刀らぶTシャツも女性向けなので小さ目ですね…。
なんて話題ですが、このオタクな刀剣Tシャツ着ると自分のオタクテンションがあがって原稿がはかどる(当社比)という法則を発見しました。
どうせ外に着てかねーよとばかりにアニメ柄のTシャツ買って部屋着にしてますが、うん。
原稿時に悪くないですわ。
今日も刀剣Tシャツ買ってきて原稿時に着る予定。
しかし、小さ目サイズが不満なのはどうも私だけではないようで、この刀剣TシャツSとかMとか残ってるけど3L、4Lはとっとと無くなるようです。
かくいう私も4L購入しましたがね。どーせ部屋着用でだらだら着る予定なので。
…まあオタクはふくよかな方が多いだけかもしれませんが…。

そうそう。この前、「あたしがモテてどうすんだ」ってゆー漫画読みましてね。
内容としてはまあまあかなーと思いつつ、いわゆる社会におけるオタクの環境も変わったなーとか
ちょっと思ったり。上記のオタTもそうですが、あんまり景気のいい話がないなか
オタクの財力が地域活性化とかしばしば聞くわけで、それもあるんでしょうが
ちょっと思ったのが、いわゆるクラス内のスクールカーストの下部にいるのがオタクですと。
まあコミュニティ力は高くないし、内向的なのも多いし、つーか絵を描く作業自体が社交的ではありません。
今の学生たちもそうなのかちょっとわからないのですが、まあ友達いっぱい=リア充とするなら
オタクの趣向内容や行為自体はそれの反対気味のベクトルではありますね。
で、漫画は今も昔も日本人みんな読みます。
そして漫画描く連中がどういった連中かって考えると、スクールカースト下部気味なオタクです。
つまり、漫画描いてるオタクが下の世代を少しずーつ啓蒙というか洗脳してってオタクへの見識変化を促したんではないかなーと。思ったのです。
友達や彼氏といっぱい遊ぶ=リア充とするなら、リア充は漫画は描かない。つか、時間的に厳しいよな。
なんだかんだスキルは要求されるから、練習しないとうまくなれない分野でもあるわけですし。
宮崎勤事件をリアルで知ってる身ですので、正直テレビマスコミに対する不信感はぬぐえませんが、
オタク側のいわゆる無意識的な地道な努力は実ってるかもしれませんなーと。

そういえば、自分は石切丸が好きなわけですがニコ動とか見るとパパパパコメントもらってるのを見て、
いわゆる父親像はもう変化したんだなーとか思ってしまいました。
父親像が波平さんだったり、星一徹な時代からまあ年数も経ってるわけで、変化も時代の定めとでも言うのかもしれません。
そして、「パパ」なカテゴリで人気が出るっていう現象にやっぱり変わったなーと。
まあ、いわゆる頑固な父親像を見て育った子供世代がどう思って、彼らがどういう父親になってるのか。
って事かもしれませんが。

ていうか、日記もともかく、原稿しなきゃいけないんですけど
んー…。
暑いですね…。
posted by FRIDAY at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180281148

この記事へのトラックバック